トップページへ > 全然進まなかった引越し作業
全然進まなかった引越し作業
"今まで経験した引越しの中で最も大変だったのは、自営業を営む親族の引越しのときでした。 自営業を廃業するというタイミングでの引越しだったため、不用品(ゴミ)の量がとてつもない量でした。 引越し先に持っていくものと不用品を選り分けるという作業だけで家の中はめちゃくちゃになり、足の踏み場がなくなりました。 でも何より困ったのは、その家のおばあちゃんです。 物がなくて苦労した時代を生きてきたからでしょうか、「捨てる」ということを極端に嫌うのです。すぐに用途が思いつかない物でも、「いつか使えるかもしれないからとりえあえず取っておく」という人でした。 そのおばあちゃんは、みんなが頑張って袋詰めしたごみ袋を片っ端からほどいて、「これは捨てないで。使うから」「もったいない、まだ使えるから」と言って中から物を取り出してしまうのです。 おかげで全然作業が進まなくて、私を含めた周りの人たちはイライラしっぱなしでした。この引越しは、精神的にとても疲労した引越しでした。"

お役立ち情報一覧

Copyright © 2010 北海道の引越し業者 . All rights reserved